生理前に豆乳を飲むだけで痩せる?飲むタイミングや量は?

生理の1週間前から豆乳を飲むだけで生理後に痩せると話題のダイエットを紹介します。

豆乳を飲むタイミングは?どのくらいの量を飲むの?

女性の周期を味方につけてラク~に痩せちゃいます。

スポンサードリンク

生理の1週間前から豆乳を飲むだけで生理後に痩せるってホント?

tounyu

太りやすいといわれる生理前に「豆乳」を飲んで痩せやすいカラダになるってホントなの?

はい、本当です(≧▽≦)
生理前に1週間「豆乳」を飲むだけで痩せることができるんです。

その秘密は、豆乳を飲むことにより生理前に余分な脂肪や老廃物の溜め込みを抑えるからです。

生理前は、母ホルモンと呼ばれるブロゲステロンが増え始めます。イライラして精神的に不安定にもなります。

そして食欲が増加して脂肪がつきやすくなったり、代謝が落ちることで老廃物が溜まり、浮腫んだりしてしまうのです。

生理前に余分なものを溜め込まなければ、生理後に「体内脂肪」が燃焼されます。

その鍵となるのが、豆乳に含まれている「大豆サポニン」です。

大豆サポニンのスゴイ効果

豆乳に含まれている大豆サポニンには、
どんな効能や効果があるの?

・腸からの脂肪吸収を減らす

・コレステロール値を下げる

・老化防止や免疫力を高めます

・抗酸化作用があり脂質の代謝(分解)をよくする

などダイエット効果が期待できます。

その他には

・大豆たんぱく⇒食事に含まれるコレステロールの吸収を抑える

・イソフラボン⇒女性ホルモンに似た働きをする

・カリウム⇒むくみの原因となるナトリウムを排出する

・オリゴ糖⇒腸内環境を整えてくれる

スポンサードリンク

・ビタミンE⇒血行を良くする

・レシチン⇒美肌効果がある

栄養がバランスよく含まれている優れものなんです。

生理前に豆乳を飲むタイミングと量は?

豆2

生理前に豆乳を飲むタイミングは?

生理予定日の7~10日前から毎日豆乳を飲みます。

いつ飲むと効果的なの?

なるべく食前(朝食)に飲みます。

豆乳を飲む量は?

1日200ml程度にしてください。

<注意点>

イソフラボンを大量に摂りすぎるのは好ましくありません。

食品安全委員会では、毎日、長期間摂取する場合の
平均摂取量の上限値目安を「70~75 mg/日」としています。
http://www.fsc.go.jp/sonota/daizu_isoflavone.html

ちなみに無調整豆乳200mlに含まれるイソフラボンは、だいたい45~50㎎くらいです。

痩せたいからと過剰に豆乳を飲むのは控えましょう。きちんと容量を守って飲むからこそ効果が感じられるのだと思います。

私も豆乳ダイエットを試してみました!

いつも生理前から浮腫んで生理後も体重が減らないのですが、生理後にホントに痩せました。

しかも浮腫むこともなく体もスッキリしています。試してみる価値ありです。

まとめ

生理前に豆乳飲むだけダイエットを成功させるには?

「いかに老廃物や脂肪を溜め込まないで生理を迎えられるか」がポイントです。

そのためには生理予定日の7~10日前から毎日、食前(朝食)30分前に200mlの豆乳を飲みます。

たったそれだけで生理後に痩せることが簡単にできます。

魔女の知恵は、お役に立ちましたでしょうか?

生理前に豆乳を飲んでカラダをスッキリさせましょう。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP