上野東照宮 春のぼたん祭りの見所をご紹介します。駐車場はある?

上野東照宮 春のぼたん祭りが平成26年4月12日(土)~5月11日(日)に開催されます。

中国牡丹、アメリカ品種、フランス品種を含め500株以上の牡丹が美しく咲き誇ります。「豆緑」「山姥」など珍しい牡丹もあるのでぜひ行かれてみてはいかがでしょうか?

上野東照宮 春のぼたん祭りの見所をご紹介します。駐車場はある?混雑するの?など調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

上野東照宮 春のぼたん祭が開催されます。

botannmaturi

◆上野東照宮 春のぼたん祭

上野東照宮境内にて

期 間:平成26年4月12日(土)~5月11日(日)

時 間:午前9時~午後5時 (6時閉園)

料 金:大人(中学生以上)700円 / 団体(20名以上)600円 / 小学生以下無料

住所:台東区上野公園9-88

お問い合わせ:03-3822-3575

上野東照宮ぼたん苑の公式サイト
http://www.uenotoshogu.com/botan/

アクセス
鉄道:京成線 上野駅→徒歩9分
バス:東西めぐりんバス 鴎外旧居跡→徒歩2分

上野東照宮に駐車場はあるの?

 
駐車場はありません。

お車でお越しの方はお近くのパーキングエリアをご利用してください。

上野東照宮ぼたん苑の周辺駐車場
http://tabico.jp/detail/00000000000002836462/parking/

スポンサードリンク

上野東照宮の春のぼたん祭りの見所は?混み具合は?

上野東照宮ぼたん苑は、1980年(昭和55年)に日中友好を記念して開苑されました。

中国牡丹、アメリカ品種、フランス品種を含め500株以上の牡丹が美しく咲き誇ります。

見所は、4月中旬からは華鬘草(ケマンソウ)・荷包牡丹(カホウボタン)や石楠花(シャクナゲ)が咲き、5月上旬からは芍薬(シャクヤク)が見頃をむかえます。

そして、白い花の「豆緑」濃いピンクの「山姥」など珍しい牡丹もあります。

botannmaturi1

ボタンの季節のみに販売される「しあわせぼたん守」はピンク色の袋に牡丹が描かれ可愛くて女性に人気です。

他にも水戸黄門にでてくるような葵紋の入った『印籠守』には無事に帰るようにと金色のカエルが入っていたり、「他を抜く」という縁起から、出世や受験の神様として人気がある『他抜守』もあります。

お札やお守を販売する授与所には、面白いお守りがたくさんあるので見るだけでも楽しいですよ。

苑内のお休み処では冷し甘酒、お団子、お茶なども味わえるので、ほっと一息つけます。美味しそうな匂いについ誘われてしまいます(笑)

平日は、あまり混雑はないようです。ただ桜の時期4月のはじめと5月のゴールデンウイークは少し混雑するかも知れません。

この機会に上野東照宮の春のぼたん祭りに行かれてみてはいかがでしょうか?

美しい牡丹を眺めると心が安らぎ、穏やかな気持ちになり、リラックスできるのでおすすめです。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP